あなたを次のレベルに押し上げる「引越し訓練」の方法
ホーム > 現金化 > クレジットカードの現金化は借金じゃないのが重要

クレジットカードの現金化は借金じゃないのが重要

クレジットカードの現金化は、どんな流れで現金になるのか考えてみましょう。 

現金にするわけですから、扱いも含め知ることで、安全な取引にすることができるからです。

 

まずは、プロセスとしては、クレジットカードを使って商品を購入するというのはどこでも同じです。

次に指定された商品を購入することで換金できる方法やキャッシュバック付き商品を購入することで現金が戻る方法があります。

どの方法でも、現金を作るわけです。

だからこそ後々影響があるといえるでしょう。

 

自分で価値のあるものを購入して売るという方法も、クレジットカードの現金化の一つです。

当たり前と思うでしょうが、どの方法も返済が残るということも忘れてはいけません。

 

このクレジットカードの現金化は、借入れにならないところも重要です。

現金を作ることができますが、実際にお金を借りているのとは違います。

キャッシングとは異なり、ショッピングの延長として使っているのです。

 

利用履歴には商品の購入履歴が残ります。

そのどこにも借金とは書かれません。

費用は後払いで、ショッピング枠の返済が残ります。

だから、お金を借りるということとは異なる手段になるのです。

もちろん、借入れのトラブルも起きません。

 

住宅ローンを組むときに、こうした借り入れ履歴で審査が下りないということもあるでしょう。

カードで買い物をしているだけですので、影響もないのです。

ただし、延滞したりすれば、事故情報として残るため、計画的に返済できるようにすることが重要といえます。

参考サイト:http://www.credit-kankin.net/